紫外線を防ぐ

紫外線は皮膚のバリア機能を低下させることで知られています。アトピー性皮膚炎を持っている人ですと特に皮膚の状態が弱っていて抵抗力が落ちている状態なので紫外線は大敵です。ですから外出するときには必ず日焼け対策をしっかりすることを習慣づけましょう。

紫外線から皮膚を守るためには日焼け止めクリームをしっかりつけることが大切ですが、その日焼け止めクリームの成分には注意しなければいけません。多くの日焼け止めクリームに使用されている紫外線吸着剤などはアトピー性皮膚炎を起こしている敏感肌には刺激が大きすぎるのです。こういった成分が含まれている製品を使うとアトピーを悪化させてしまうことになるので気をつけましょう。

オススメの紫外線予防対策としてはアトピーにも使える敏感肌タイプ用の無添加日焼け止めクリームを選びましょう。敏感肌用はSPFの数値も低めのSPF20前後であることが多いので、とにかくこまめにクリームの塗り直しをするようにします。だいたい2時間おきぐらいの頻度で塗りなおしをしないとしっかりとした日焼け止め効果が得られないので注意が必要です。最近では、飲むタイプの日焼け止めサプリもあるので、こういったものを利用してみるのも良いでしょう。