保湿で乾燥を防ぐ

アトピーと保湿は切っても切れない関係性があります。アトピーの治療には一般的にはステロイド軟膏が処方されることが多いです。確かにステロイドをつけるとアトピーの症状は一時的には劇的に改善したように見えるでしょう。しかしステロイドはアトピーの表面的な症状を抑えているだけなので、アトピーの根本の原因までは根治しているわけではないのです。ですからステロイド使用をやめた途端にアトピーが悪化してしまうことは良くあることなのです。

最近では、ステロイドを使用せずに保湿を徹底的に行うことでアトピーを根本から治療するという方法を採用している皮膚科医も増えてきました。いわゆる脱ステロイド療法です。保湿を徹底することで皮膚のバリア機能を高めて自然治癒力を向上させます。そうするとアトピーが徐々に改善されてくるということで特定の治療効果をあげているようです。

保湿にはアトピー用の保湿クリームをお風呂上がりに塗る方法やバセリンなどを使う場合やオリーブオイルなどのナチュラル成分の保湿剤を使う場合などさまざまな選択肢があるようです。ここで大切なのは防腐剤や香料、着色料などが無添加の保湿剤を使用することです。自分のお肌に合う保湿剤でしっかりスキンケアをしていればやがてアトピーは自然にゆっくりと改善していくので試してみる価値はあるでしょう。