アトピーが悪化する要因

アトピーは生まれてすぐの赤ちゃんから発症することも多いアレルギー性の皮膚疾患ですが実は大人になってからでも突然体質が変わって発症することがある病気なのです。小さい子供のうちはアトピーは、たいてい首や肘の内側や膝の裏側に起こりやすいのですが大人になってからのアトピーですと、場所が少し違ってきて顔に出ることが非常に多いようです。こういったアトピー性皮膚炎になってしまった場合には、アトピーが悪化しないように日頃から守るべき項目というのがあります。

まず一つ目は、肌を乾燥からしっかり守ることです。アトピーを起こしている皮膚は乾燥していることが多いのです。皮膚の乾燥は皮膚をさまざまな刺激から守るバリア機能が低下していることを意味するので、それが免疫機能を落としアトピーを引き起こしていると考えられています。ですからまずは何よりも保湿が大切なのです。お風呂上がりの体がまだ水分でしっかり潤っている状態のときに、バセリンなどで皮膚に薄い膜を張るようにしてあげれば保湿効果が高まりアトピーが改善します。

しかし乾燥したままにしてしまうとアトピーは確実に悪化していきます。他にも食べ物に気をつけることも大切です。アトピー性皮膚炎を持っている人はたいてい食べ物アレルギーもあるものです。食品添加物や特定の動物性たんぱく質を摂取するとアトピーが悪化することがわかっています。まずは皮膚科などでアレルゲンを特定するための血液検査をしてもらってどんな食事を排除すべきかを知ることがとても大切です。